ザイザル

花粉症にザイザルが良い理由

ザイザルは抗アレルギー薬として登場してから多くの人に利用されるようになった薬で、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹や皮膚炎に使用されます。ザイザルを服用すると、体が異物として反応する際に放出されるヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエーターと呼ばれる化学伝達物質の遊離を抑えるとともに、ヒスタミンが受容体に結合するのを阻止する効果があります。そのため、特にアレルギー性鼻炎に効果を示し、花粉症によるくしゃみや鼻づまり、かゆみといった症状を軽減してくれます。ザイザルは第二世代の抗ヒスタミン薬に分類され、以前から利用されていた第一世代の抗ヒスタミン薬よりも優位性が高いことが分かっています。特に成分の分子量が大きいことが挙げられ、第一世代では中枢神経を抑制する作用があったために、強い眠気を起こす副作用がありましたが、ザイザルでは分子量の大きさから中枢神経に到達することがなく、理論的には眠気がない薬とされます。眠気を完全に抑えられたわけではありませんが、実際に眠気を訴える患者はほとんどおらず、日常的に服用する薬としては大きなアドバンテージとなります。その結果から、車の運転や機械操作を必要とする業種では、ザイザルが第一選択薬となっています。また、持続時間が長いことから1日1回の使用で良く、朝から服用すれば夜まで十分な効果を発揮します。花粉症に季節性はあっても、時間や場所を問わず症状が出ることから、持続時間が短いと何度も飲むことになったり、飲み忘れで辛くなることもありましたが、日中にずっと症状を抑えることができる有効性があります。1日辺りの薬価が抑えられる点も大きなメリットとなり、多くの人が利用する抗アレルギー薬となっています。

ザイザルを通販で購入するには

鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどが続くと、書類を読むのも辛くなりますし、パソコン画面を見るのも嫌になってくるので、仕事に支障が出るようになります。春は花粉症のシーズンなので、このようなことに悩まされる人が増えますが、病院に行けばザイザルという薬を処方してくれるので、それで症状を抑えることが出来ます。ザイザルは第2世代抗ヒスタミン薬なので、第1世代の薬に比べると眠気が少ないのが特徴です。それに1日1回の服用でOKなので、飲み忘れも少なく、使いやすいのが魅力ですから、他の花粉症対策薬からこの薬に変更する方も珍しくありません。花粉症などのアレルギー症状を和らげる働きがありますから、仕事が出来ないほど、辛い症状にお悩みの方は服用するようにしましょう。ザイザルを病院からではなく、通販で購入したい場合は、個人輸入代行通販を利用するとよいでしょう。ドラッグストアの店頭では売っていませんし、ドラッグストアの通販でも販売していませんが、個人輸入代行通販では取り扱っているので、欲しい方はインターネットで注文するようにしてください。個人輸入代行通販でザイザルを入手した場合は、病院で処方されたわけではないため、自己責任での使用になりますから、使用上の注意をよく読み、正しく使うことが大切です。インターネットで探せば、個人輸入代行通販のサイトをいくつも見つけることが出来るので、価格比較を行ってから注文すれば、安値で手に入れることが出来ます。中にはまとめ買いで安く買えたり、送料無料で利用できるお得なサイトもありますから、ザイザルを注文するときは、それぞれのサイトの特徴を良く調べてから、信頼できるところを選んで、取り寄せるようにしてください。

ザイザルの通販と病院価格

抗アレルギー薬の中のひとつであるザイザルは、花粉症などの諸症状を抑える効果のある薬で、第二世代抗ヒスタミン薬の中では中程度の強さと、眠気などの副作用が弱められていることから、医師の間でも人気があります。処方箋医薬品のため薬局などで手軽に購入することはできませんが、医師の診察を受けていれば保険の適応もされ、比較的に安価で購入することができます。その他の方法としては、個人輸入によって通販での購入となりますが、花粉が舞う季節では毎日のように使用することになるので、少しでも薬代を抑えて買いたいと思うのは当然とも言えます。さて、通販の場合はザイザル5mgが20錠入った箱での購入となります。価格はおよそ3,000円前後となり、1日1回で1錠を使用するので1日の薬価としては150円くらいとなります。対する病院での処方ですが、毎日使用するものなので、要望があれば1ヶ月分でも3ヶ月分でも購入できるのが特徴です。基本的な30日分の処方では、保険を適応して1,500円前後となっており、1日の薬価でいくと50円ほどになります。ただし、これは診察代などを除いた、薬だけの価格となっているので、実費では診察代や処方箋代などがかかってきます。ちなみに初診で30日分を処方してもらった場合は、トータルで2,600円ほどかかり、これを1日の薬価として計算するとおよそ86.6円で、これだけでも通販より安く買えることが分かります。ちなみに、2回目以降であれば診察代も安くなりますし、3ヶ月の長期間で処方してもらえば、更に薬代が抑えられるようになります。診察を受けなければならないという面倒な部分もありますが、少しでも安くザイザルを購入しようとするなら、耳鼻科などで処方してもらうといいでしょう。

■ザイザル以外にも花粉症の治療薬があります
アレグラは眠気や口の渇きが少ないです
ジルテック
■ザイザル以外のアレルギー症状に効果的なアレグラの成分
フェキソフェナジンは世界一使用されている抗ヒスタミン薬